ぬのいとけいと

家にあるもので手作り

レトロ柄のワンピース

こちらも実家の押し入れから出てきた布。たぶんポリエステルで、ぼってりと少し厚みのある生地です。こんなに派手な生地で何を作ったらいいんだろう?と思いましたが、「大人の日常服」のラグランスリーブワンピースはどうかな?と思い、作ってみました。

f:id:ksnowo:20160207173717j:plain

変だったら割烹着代わりでもいいかな・・・と軽い気持ちで作ったせいか、裁断を間違えて袖丈が足りなくなってしまい、袖口ではいで足しました。カフスのように見えるのでまあOK。ついでに元の袖丈より少し長めにしました。

 

生地の状態では北欧柄っぽい?かと思ったのですが、できあがって試着してみると、派手な割烹着か和柄のおばさまよそ行き着風、はたまた舞台衣装のような感じも。でも、着ていて楽なので、形はとても気に入りました。

f:id:ksnowo:20160207173821j:plain

身幅はゆったりしていますが袖はぴったり目なので、本当に割烹着にする場合は、パターンの袖を太く、長く修正するれば良いのかも。

大人の日常服 (Heart Warming Life Series)

大人の日常服 (Heart Warming Life Series)

 

 追記

この形は服の中で身体が泳ぐので、ラグラン線の下の方に力がかかり、前後とも糸がほつれてしまいました。その部分は二重に縫って補強した方が良いようです。

 

〈家にあった材料〉

生地 (90cm幅2.5m) ミシン糸

引き上げ編みのアクリルたわし

実家の片づけで出てきたアクリルの毛糸をもらってきました。自分では買うことのない色合いですが、アクリルたわしなら使うかなと思い、作ってみました。

f:id:ksnowo:20160124195541j:plain

参考にしたのはこちらの本。

 この本は、 お花や動物などの多色使いのかわいらしいデザインばかりなのですが、その中で唯一、単色のシンプルなデザインのものを編んでみました。かぎ針編みの引き返し編みは初めてで、糸の引き加減が難しかったのですが、厚みが出てたわしには良さそう。

四角にきれいに編むのは意外に難しく、少しゆがんでしまいましたが、お風呂掃除に活躍してくれそうです。

 

〈家にあった材料〉

並太アクリル毛糸 25g

猪谷さんの靴下

実家の片づけで出てきた中細毛糸をたくさんもらってきました。

何を編もうかと考えたのですが、少しカビ臭くて着るものを編むのは躊躇したので、「暮らしの手帖」の猪谷さんの靴下を編むことにしました。中細毛糸を何本も使うので、残り糸利用にぴったり。

かせの糸を玉にするのに一苦労。長年の湿気で糸がからんでいるし、虫に食われてぷつぷつと切れている物もありました。

f:id:ksnowo:20151113180322j:plain

編み方が独自のの表記で初めは戸惑いましたが、文章の通りに編んだらできました。

かかとの編み方が独特で、何度か間違えました。

オリジナルで編み方や記号を考えたなんて、びっくりです!

f:id:ksnowo:20151113180338j:plain

使用した毛糸は一足で195gくらい。

6号針で力技で編むような感じだったので、ごつくて自立します。

f:id:ksnowo:20151113180354j:plain

要所要所の減らし目で抜群のフィット感。

糸を混ぜることで複雑になった色合いもよい感じ。

とても気に入ったので、もっと編んでみたいと思います。

f:id:ksnowo:20151113180406j:plain

 

〈家にあった材料〉

中細毛糸と極細毛糸 計200g

 

 

広告を非表示にする

花柄のワンピース

再び「ストンとワンピース」から、スクエアネックワンピース。

こちらの生地も義母の押し入れから。

ギャザーたっぷりのスカートにしようと思ったのですが、90cm幅の生地だったので、シンプルなワンピースにしました。

 

自分では買うことのない柄で、ずいぶん派手だと思ったのですが、重ね着などしてみると、とってもおばちゃんな感じで、かなり注意が必要。

若い子が着れば、案外かわいいのではないかと思うのですが。 

木綿の薄い生地なので、そのままで着るにはアンダードレスが必要な感じです。

f:id:ksnowo:20151112210116j:plain

f:id:ksnowo:20151112210104j:plain

 

〈家にあった材料〉

生地、接着芯、ミシン糸

 

ストン と ワンピース

ストン と ワンピース

 

 

広告を非表示にする

ティッシュケース

f:id:ksnowo:20151102202306j:plain

f:id:ksnowo:20151102202322j:plain

ティッシュケースを作りました。

細長い布をパタンパタンと折りたたんで作るタイプ。

予備のティッシュがポケットに一つ入ります。

 

表には樋口愉美子さんの図柄をアレンジして

刺繍しましたが、慌ててやって、かなり雑な仕上がり。

蓋の部分の布が薄い気がするので、

接着芯を張った方が良かったかもしれません。

改良の余地ありです。

 

〈家にあった材料〉

はぎれ、刺繍糸、スナップ

 

1色刺繍と小さな雑貨

1色刺繍と小さな雑貨

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

余りぎれのマフラー

f:id:ksnowo:20151113185359j:plain

余りぎれを利用してマフラーを作りました。

パターンは、だいぶ前に買って以来、一度も使っていなかった

Mパターンの廃盤のスカーフのパターンです。

両端がうさぎの耳のように徐々に細く丸くなった形。

先端が丸くなるだけで、普通のマフラーとちょっとニュアンスが変わります。

 

使用したのは以前スカートを作った残りのツイードアンゴラニットの生地。

中央にはぎ目を入れました。

ニットのモチーフやビーズを付けてもいいような気がしましたが、

とりあえずそのままで。

使い道のなかった布なので、ちょっと得した気分です。

 

〈家にあった材料〉

はぎれ

 

 

木の葉模様のワンピース

f:id:ksnowo:20151022172510j:plain

f:id:ksnowo:20151022173553j:plain

図書館で見つけたワンピースの本が良かったので

久しぶりにワンピースを縫ってみました。

 

後ろにリボンが付いていて、好みに応じてウエストを

絞れるようになっています。

年齢を問わないデザインだと思います。

 

生地は、以前に義母に頂いた押し入れの在庫品。

木の葉のような模様のプリントです。

おばさんが着るにははたしてどうか?と思ったのですが、

案外よい感じで気に入っています。

 

パターンはこちらの本です。

他にも作りたいものがあるので、この本は買おうかな。

 

ストン と ワンピース

ストン と ワンピース

 

〈家にあった材料〉

生地 接着芯

〈買った材料〉

ミシン糸