読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬのいとけいと

家にあるもので手作り

あみもの

ボックス型のかかとの靴下

また猪谷さんの靴下を編もうかと思ったのですが、さすがに暑すぎるので島田俊之さんの「手編みのソックス」からBのボックス型かかとの靴下を編むことにしました。 といっても、中細毛糸の二本取りで編んだので、これも季節外れなのですが。 使用したのは実家…

フリルのついたアクリルたわし

久しぶりにアクリルたわしを編んでみました。 土台にネットを編んで、そこから垂直方向に長編みをフリルのように編みつけていくデザインで、編み地に厚みが出ます。 考えてみたら、この編み方は「アンティークスタイルのモチーフつなぎ」にも載っていました…

レース模様の三角ショール

数年前になんとなく買った、コットンとリネンの混紡の糸が三玉ありました。 KnitPicsのCotLinという糸です。 なんとなく買ってはダメですね。そのまま使い道が決まりませんでした。 ようやくショールを編もうかと思い、毛糸だま169号の三角ショールを編むこ…

ソノモノグラデーションのベスト

以前買ったソノモノグラデーション。 他のソノモノシリーズと同じ感じかな・・・と思い、実物を見ないで購入したら、ゴワゴワチクチクの、獣毛という感じの糸で、届いてびっくり。 編んでいると、細かい毛がぼそぼそと抜けます。 でも、はるか昔に初めて編ん…

かぎ針編みのシートカバー

椅子のシートにかける、汚れ防止のカバーを作りたいと思いました。 少しクッション性があり、円座のような感じでもいいけど、主張の少ないもの・・・と思い、太糸でモチーフのようなものを編めばよいかなと考えました。 少し古い本ですが、「アンティークス…

エコアンダリヤのクローシュ

何年か前「下田直子のアンダリヤワールド」に載っていた帽子を編んだのですが、少しサイズが違ってしまったせいもあり、かぶりにくいものになってしまいました。 下田直子のアンダリヤワールド 作者: 下田 直子 出版社/メーカー: 文化出版局 発売日: 2010/06…

まっすぐ編みのベレー

柴田淳さんの本に載っていたベレーの編み方が、ちょっと変わっていて面白そうだったので編んでみました。 指定糸はパピーのソフトドネガルでしたが、残り糸の消費が目的なので、ダイヤイーノとバカラエポックに、それぞれパーセントを合わせてゲージを合わせ…

猪谷さんの靴下3足目

猪谷さんの靴下の三足目を編みました。 糸の本数と針の号数は1、2足目と全く同じで6号で編みました。 片方ずつ編むと、どうしても編み方を忘れてしまうので、なるべく両方並行して編みました。 かごの中に毛糸をぎゅうぎゅう詰めにして編むと、毛糸が動か…

ラッフルマフラー

数年前のパピーの福袋に入っていた毛糸です。 太いひも状の糸を手で引き伸ばして広げると、メッシュ状になります。 糸の名前は忘れましたが、外国のメーカーのサイトに載っていたパターンの通りに、メッシュの片端をかぎ針で編みながら縮めていくと、フリル…

バンダナカウル

初めて英文パターンにチャレンジしました。 www.ravelry.com 初めてのラップ・アンド・ターンにドキドキしながら編み始めたのですが、参考書も用意していたので、意外と簡単にできました。 むしろ普通の引き返し編みより分かりやすいかも。 しかし、どうも形…

猪谷さんの靴下2足目

半年前に片方だけ編んで放置していたのですが、やっともう片方を編み終えました。 前回と変更して5号で編もうとしたのですが、作り目の数を間違えてやり直し。結局、前回と同じ6号にしました。 比べてみると、去年編んで洗濯を繰り返したものとサイズはほと…

ポンポンのしおり2

前回作ったポンポンのしおりが気に入ったので、もう一度作ってみました。 ポンポンに鎖編みをつなげるだけなので、あっという間にできます。 使用したポンポンメーカーは全て35mmサイズですが、糸の密度によって大きさが少し変わる感じがします。 使用した…

ポンポンのしおり

初めてポンポンメーカーでポンポンを作ってみました。 あっという間にきれいなポンポンができて、カットする毛糸も少なく、すぐれもの。 練習用に、捨てても惜しくない毛糸で作ったものの、出来上がるとなんだかいとおしく捨てるのもしのびない。 何か利用法…

引き上げ編みのアクリルたわし

実家の片づけで出てきたアクリルの毛糸をもらってきました。自分では買うことのない色合いですが、アクリルたわしなら使うかなと思い、作ってみました。 参考にしたのはこちらの本。 カンタン!かわいい かぎ針編み お掃除が楽しくなるエコたわし100 (アサヒ…

猪谷さんの靴下

実家の片づけで出てきた中細毛糸をたくさんもらってきました。 何を編もうかと考えたのですが、少しカビ臭くて着るものを編むのは躊躇したので、「暮らしの手帖」の猪谷さんの靴下を編むことにしました。中細毛糸を何本も使うので、残り糸利用にぴったり。 …