ぬのいとけいと

家にあるもので手作り

浴衣地のパンツ

母や祖母の古い着物をリメイクしたいと思っています。

でも、いきなり着物にハサミを入れるのも勇気が必要なので、まずは簡単なもので練習してみることにしました。

実家にあった、寝巻用の浴衣でチャレンジ。

「型紙いらずの着物リメイク・パンツ&スカート」の中から、簡単そうな、ゆるりパンツを作ってみることにしました。  

型紙いらずの着物リメイク・パンツ&スカート

型紙いらずの着物リメイク・パンツ&スカート

 

 

浴衣は新品だったので、まず水通しして干しました。

こんなの今でも売っているのかな?と思いましたが、スーパーの下着売り場などに置いてありますね。

次に浴衣をほどきます。裏には薄いさらしのような布がついていて、ミシンで袋状に縫われているので、ちょっとほどくのが面倒。

ロング丈のパンツを作るつもりだったのですが、ばらしてみると、襟の周りは布がカットされていて布幅がないため、生地を取れるだけ取って、ショート丈より少し長い丈にすることにしました。

縫うのは直線ばかりで簡単。あっという間に縫えました。

縫いあがりはウエスト周りがとても大きく、お相撲さんのパンツのようです。

本では太いゴムを入れるようになっていたのですが、手持ちがないので、細いゴム三本に変更。しかし、ゴムが抜けてしまったりして何度もやり直し、やっと完成しました。

 

f:id:ksnowo:20160808153013j:plain

はいてみると、広いマチの部分がお腹のあたりでポッコリして股の間に下がる感じ。サルエルパンツのようでもありますが、家族には、まわしをしてるみたいと言われてしまいました。

前後差もなく、履き心地がいいとは言えませんが、腰回りがたっぷりしているし、浴衣地なので軽くて涼しいです。

でも形が斬新すぎるので、家から出る勇気はまだちょっとありません・・・。

 

〈家にあった材料〉 寝巻用の浴衣、糸、ゴム

広告を非表示にする