読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬのいとけいと

家にあるもので手作り

羽織をリメイクしたストール

実家の片づけで出てきた羽織です。

捨てる予定でしたが、ちょっともったいないのでもらってきました。

裏地がはぎ足してあるので、作り変えた物なのでしょうか。

少しくたびれた物だったので、練習がてら、初めて絹の着物のリメイクにチャレンジすることにしました。

 f:id:ksnowo:20170428095530j:plain

ところがほどいてみると、裏側で銀糸が劣化して粉のようになっていて、ぱらぱらと落ちてきます。嫌な予感。

ほどいて水洗いすると、水が黒豆の煮汁のように濃い紫色に染まりました。

着物ってこんなに色落ちするものなんですね。

 

干してからアイロンをかけましたが、やはり劣化した糸の部分が粉になって落ちるので、裏のついたものでないと無理だとわかりました。

本当はチュニックのようなものにしようと思っていたのですが、予定変更。

布を二重にしてストールにすることにしました。

f:id:ksnowo:20170428095506j:plain

羽織の後ろ身ごろの部分に、前身ごろの片側を半分に切ったものをはいで半分に折り、周りをぐるっと縫いました。

幅は布幅で、長さは出来上がりで160cmくらいです。

これだけなので簡単、と言いたいところですが、てろてろした生地なので布がずれたりゆがんだり、うまくいかず雑になってしまい、がっくりしました。

 

しかしでき上ってみると、とろみのある生地なので体にするりと馴染み、柄も控えめなので洋服にも違和感なく使えそうな感じ。

気を良くしたので、裏地でも何か作ろうかと考えています。

 

〈家にあった材料〉 古い羽織