ぬのいとけいと

家にあるもので手作り

ボックス型のかかとの靴下

また猪谷さんの靴下を編もうかと思ったのですが、さすがに暑すぎるので島田俊之さんの「手編みのソックス」からBのボックス型かかとの靴下を編むことにしました。

といっても、中細毛糸の二本取りで編んだので、これも季節外れなのですが。

 

使用したのは実家から出てきたウール100%の中細毛糸です。

昔よくあった二色混ざりの毛糸に単色の毛糸を合わせましたが、意外と良い感じ。

それから、効果があるのかわかりませんが、補強にニット用のミシン糸も合わせて編み込みました。穴が開く前に、補強のガイドになると良いのですが。

f:id:ksnowo:20170523121122j:plain

ボックス型のかかとは初めて編みましたが、引き返し編みがないところと、甲にゆとりがあるところがメリットなのかな。

猪谷さんの靴下ほど力も要らないので、思ったより早く編めました。

出来上がりは、本のサイズより少しだけ大きいようです。

 

この本はもっぱら観賞用でしたが、やっと基本のAとBの靴下を編むことができました。

靴下は部分ごとに細かく編み方が変わっていくので、編んでいて楽しいです。

手編みのソックス

手編みのソックス

 

 

【仕様糸】
中細毛糸 合計105g

棒針5号

 〈家にあった材料〉

中細毛糸 

ニット用ミシン糸